Frorina店長日記(現・おやゆび姫) 足のこと、カラダのこと
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
頼みの綱。
2012/09/25(Tue)
新千里南町でのイベント、無事終了いたしました♪
初めての場所でしたが、スムーズに到着することができ
ちょっと運転の自信がついたFrorinaです(笑)

出店者さんも優しい方ばかりで、とてもアットホームなイベントとなりました^^

原付でビューンといらっしゃって、お孫ちゃんに、と
ピンクのカチューシャとリボンを買って下さったおばあちゃま、
颯爽としていらして、お会いできて嬉しかったです(^-^)

こちらのイベントは、毎月第4月曜日とのことですよ♪


++


さて、題名ですが。

実はですね、

ここ10日ほど、ココロの中に暗雲広がる・・・

という感じでした。


というのも、体育祭の練習で
娘の学年の演技は

「 ロープスキッピング 」

という、なんというか、おしゃれな縄跳び

のようなものだったのだけど、
それを1日何時間も跳び、それにプラスして全クラス対抗の
大なわとびまであって。

そのせいか、どうなのか、足首・ひざがどうにもならないほど
痛くなってしまい、途方にくれていました。

++


娘は、2年生でトウシューズを履いて
半年くらいたった頃、ひどいねんざをして以来、
とにかく、すぐに足首に負担がくるのです。

足首が痛くなると、それをかばって、膝、股関節、
腰に影響がくるので、
整体を欠かすことはできなくて。

痛みなく踊れる人が本当にうらやましい、と思うほど
痛みとのタタカイといいますか。。。

足を痛めてからは、本当に、足のこと・・・勉強しました。


今となっては、2年生なんかでトウシューズ履くんじゃなかった・・・と
後悔しかありませんが、起きたことはもうどうしようもないわけで。


大病院から町の医院まで整形外科、スポーツ整形外科にも
よいと聞けばどこまででも行きましたが、納得いく治療には
当たらず。

整体も、姫路から遠くは京都まで、こちらもどこまででも
行きました。

たっくさん行った中で、おかげさまで娘に合うところが見つかり、
以来、カイロプラクティックと、リフレクソロジーの
2軒の信頼できる先生に出会いました。

なので、少し調子が悪くなっても、1~2回施術してもらえば
なんとか踊れるまでには回復できたのですが。

足首の痛みは治ったものの、左のひざに関しては
今回に限っては3回通っても、良くなる気配すらなく。

コンクールリハにも参加できず、
歩くのにも不自由するほどの痛みなので
バレエシューズでのレッスン参加すら無理で。

娘も、気持ちはあせるし、良くなる気配すらなく
どよーんとした顔で、落ち込んでる姿に
どうしたものかと、私も凹んでました。

「 日にち薬 」というのも、あるのだけど、

今回ばかりは、こんなにどうやってもよくなる「 気配 」すらない、
なんて、あの、2年生でねんざしたとき以来かも・・・


というわけで、最後の頼みの綱・・・

先週金曜日に鍼の先生に来ていただきました。

この先生は、痛い箇所だけに鍼をするのではなく、
全身調整して下さるのです。

整体でも鍼でも、痛い箇所が原因とは限らないんですよね~
なので、やはり、どんな治療も全身調整が必要だと
思っています。

で、この先生は、出張のみで鍼治療をされているのですが
本当に良心的な治療費で、はっきりいって、利益はほぼ
なしなのでは。。。

文字通り、足のつま先から頭のてっぺんまで
表と裏、ハリネズミのごとく鍼とお灸をしていただきました。


そしたら!!


翌朝起きて、娘が部屋から大声で私を呼んでいるので
行ってみますと、


歩ける!ヒザが痛くない!! と。


娘のこんな笑顔、何日ぶり?というほど
嬉しそうな顔。


まだ、階段の上り下りは少し痛みがあるようですが、
まったく先が見えない状態からは、1歩も2歩も前進し、
少しココロの中の雲が晴れてきました。


やっぱり、鍼、すごいなぁ。



というか、この先生が、すごい。




あぁ、それにしても。
足が強くて、痛みなく踊れるお子さんはいいなぁと
やっぱり思います。

老婆心ながら、くれぐれもトウシューズを履く時期は
あせらないで下さいね。。。




スポンサーサイト
この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(0) | ▲ top
骨2本の間。
2011/10/01(Sat)
今日は娘のボディーワークの先生の先生が
東北から来られる日だったので、
個人レッスンに行ってきました。

いや~今日も目からウロコが5枚くらい
ボロボロ落ちました。。。

今日はですね、
足の骨の意識の仕方、だったのですが、
ひざから足首までの間って、「けい骨」と「ひ骨」
(すみません、変換で漢字が出ませんでした(><))という
2本の骨があって、その骨と骨の間をどう意識するのか、と。

腕も同じく、ひじから手首までって、2本の骨があって
(手羽先をイメージして頂ければわかりやすいかと。。。)
その骨と骨の間をどんな風にイメージすると、
美しいポールドブラになるのか・・・

という内容でした。

私は見てるだけですが、へーーー!!そうなんだ?!
と、思わず言いそうになるほど、骨を意識することで
全然違うんだなぁと、納得。

不思議ですが、体の正しい使い方が出来ている時って、
顔(表情)がカッコよくなるんですよねぇ。
目もぱっちり二重になるというか。

で、足の2本の骨を意識すると・・・これも不思議ですが
土踏まずが目に見えて引きあがってる!!すごい~なんで~!?



タンジュの時、ハイ、タンジュして~と言われて、
デュバン(前)に右足タンジュしようと思ったら、
無意識に、まず重心を左足に移してから、
右足を出そうとしてしまうでしょう、
それは間違い!その時点でダメだよ、
重心はいつも真ん中だよ、と。


じゃ、どうするのか。


・・・というのが、これまた、目からウロコどころか
目玉ごと落ちるかと思いました。。。


うーん、人間のカラダって!!ムズカシイけど面白くて
果てしなく奥が深い。。。



もう2年通っていますが、まだまだ、まだまだ、
まだまーーーーーーだ、遠い道のりです。
うちの娘はカラダはやわらかいですが、足が弱くて、足首が固くて、
トウに乗り切れず、ひざも全然、ですから。。。

将来どうなる、というわけではないですけどね(^^;

うちの娘はとにかく1番ポジションは180度開く!という
間違ったレッスンの仕方を数年続けていた為、
アンディオールが出来ていないのに180度開くと、
ひざから下だけをねじって開くしかないので、
小指側が浮いてしまい、土踏まず側に体重が掛かることによって
土踏まずがつぶれてなくなってしまい、舟状骨が出てしまったという
そんな経緯がありまして。。。

土踏まずがなくなっているとわかったきっかけは、足首の捻挫でした。

最初に行った病院
(スポーツ整形の看板を掲げ、見事なうたい文句のHPあり)
の先生があまりに信用できず
(これでギプスしないなら親の怠慢ですよ!と言われた)
ギプスを断り、良いと聞けばどこまででも、いろんな病院めぐりの旅へ。
有名大病院の整形外科、スポーツ整形、整骨院、整体・・・
本当に、たっくさん行った中で、

電気で温めるだけのところ、
テーピングの仕方を教えてもらっただけのところ、
レントゲンを見て「全く問題なし!痛みはシップでも貼っとけばよろしい」と
言ったところ、
「行っただけ」になったところ。。。

きちんと原因を考え、痛みを軽減し、今後の対策を
私が納得いくように説明してくれたのは、
とある整体の先生だけでした。

あと、靴の中敷の専門店の店長さん。
土踏まずをサポートするために、オーダーの中敷を
作りに行ったのですが、足の裏の体重の掛け方のくせなど
やわらかめのマットのようなものに乗って、その型を
見ながら分析してくれるのですが、それもすごかった!

これを、整形外科やスポーツ整形の先生が説明してくれるべき
分野なのでは?!と思うほど、よっぽどこの靴屋の店長さんの方が
プロフェッショナルでしたね。


といっても!!

ここが大事ですが、病院や整体・整骨院とは相性もあるので
誰かが良いと言っても、自分には合わないことも多々あり、
特に整体や整骨院はどんなにお客さんが多くて繁盛?しているように
見えても、バレエの痛みが得意な先生ではないかも。
中敷専門店も、よく選ばなくてはいけないかと。。。

日頃から、色んな人の経験談等を聞いて、良さそうなところを
リサーチしておくのがベターかと思います。

病院に関して一番思ったのは、
基本的に「日常生活に痛みがなくなればOK」であって、
「トウシューズを履いて踊るのに痛みがでないようになる」まででは
ないこともほとんど。


どうして足を痛めることになってしまったのか、
どうしたら足を痛めなかったのか、

を、疑問に思ったらとことん調べたいタイプの私なので
そのためには、カラダの使い方のボディワークに
参加するようになったのでした。



そんなわけで今日も、カチューシャ作りは進みませんでした。。。

いやいや、土日でがんばりますっ!!



この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(0) | ▲ top
ストレッチされどストレッチ
2011/09/01(Thu)
いよいよ、明日からこちらの小中学校は新学期です♪

いや~夏休み、あっという間でした。。。

子供たちは新学期が始まるのが、ヤダーと言っておりましたが、
2日行ったらすぐ土日だもの、がんばれ~(^-^v

そして冬休みを楽しみに、2学期を過ごすのだ!(笑)


++

さて。

先日、元某有名バレエ団所属の男性ダンサーが主催されている
ストレッチ&体幹トレーニングのワークショップに参加してきました。

あ!私ではなく、娘ですよ(^^;

申し込みの際、大人の初心者が多いと思います、と聞いていたので
思わず私も一緒にしてみようかな?なーんてチラッと考えましたが、
レッスンを見学して数分で、

あー!!私は見学だけにしておいてよかった!!

と思いました。。。

皆さん、バレエの先生や、バレエされてる方、ベリーダンスや
ヨガの方も来られていて・・・

蟹のごとき固いワタクシの体では
とても ついていけそうにない感じ。
(というか、私がひどすぎるんですけど)

娘も、私と目が合うと 「 イタイー(><)」という
口の動き。
かなり体は柔らかい方だと思うのですけど、
それでも痛いんですねぇ。

ひとつひとつの動きに、今、○○の筋肉を伸ばしてます、とか、
この角度だと○○の筋肉で、もう少し曲げると○○筋に効きます、
という細かい説明があるのですが、
太ももの筋肉は4つに分かれているので、そのひとつひとつ
別々にストレッチ・・・みたいな感じで、
なるほどー、と、見ている私は頷きつつ、
やってる娘は「イタイ・・・」な状況で^^

レッスン中は、わりとあっさりした先生だな~と
思っていたのですが、終ってから、気軽に皆さんからの
質問に答えていらっしゃったので、
娘も足首が固いのでどんなストレッチが良いかお聞きしましたら、
とっても優しく教えて下さって。

筋力がなくてルルベが低く、もしかして三角骨があるのかな~と
心配してたくらいだったので、それもお聞きすると、
丁寧にアドバイスして下さいました。

足が弱いから、と、まず足を鍛えるのではなく
体幹を鍛えることで、体幹に近いところから強くなって
最後に足が強くなるんだよ、と。


それと、一番印象に残っている先生の言葉は・・・

小さい頃からフェッテとかバンバン回れる子も
確かにいるけど、
そういう人は大人になってからキャラクテールに
なることが多い。
お姫様役をするような人は、意外とみんな大器晩成で、
17歳くらいから上手くなる人が多いんだよ、
パリオペラ座だって11歳で入学するんだから・・・、と。


バレエ娘ちゃん達、この言葉、ちょっとホッとしませんか^^


++


いや~行ってよかった!
レッスンも良いけど、
先生の笑顔もよかった♪(*^-^*)(←そこかっ!)

娘もまた行ってみたい~と言っとりました☆

私も着いて行こう~(笑)







この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(0) | ▲ top
ココロはおなかの中にある
2011/01/07(Fri)
年末年始でごちそうを うーんと食べたのを反省して
筋トレも始めたFrorinaです(笑)

新聞で、体幹を鍛える簡単なトレーニングというのが
載っていたので、早速実行。
うつぶせになったあと、体を浮かせて、
両方のひじから手首までと、つま先だけでその体勢を
キープするというものです。

たった1分なのに、ものすっごく長く感じますねぇ。
でも確かに腹筋やら背筋を使っている気がいたします。。。


さて。

今日は娘のボディーワークだったのですが、
先生の言葉がとっても印象的で。。。


人は、自分のことを考えるときはお腹で考える

人のことを思うときは、胸で考える


なるほどなーと。

だから、人を好きになったら胸がキュンとするのね~(*^-^*)

だから、腹が立ったときってお腹の中が煮え返るのね~(苦笑)


ま、それはともかくとして。

先生に、

去年1年はインナーマッスルを意識して鍛えたけど、
今年のテーマは 「 神経 」だからね!

と言われておりました。



去年は。

体の中の骨がどうなっていて、
筋肉はどんな風になっているか、


仙骨

尾骨

大転子・小転子

りじょうきん(梨状筋って書くみたい)

ちょうようきん(腸腰筋って書くみたい)


などなど、どういう風にどこにあるのか、
どんな働きをするのか、どんな風にどこに繋がっているのか。。。

意識するかしないかで、全然違うのだ、と。


骨盤の穴がどんな風になっていて、
そこに足の骨がどんな風に入っているのか、
タンジュの時にその穴の中で骨はどんな風に動くのか、
どうなったときに骨盤の穴に、その骨はぴしっとはまるのか。

いつも骨盤の穴を意識してね。
授業中、ぼーっとしていて先生に注意されたら


「すみません、今、骨盤の穴のこと考えてました」

って言うくらい、日常生活でも意識して!


バレエのレッスンの時間だけ、バレエを意識してるんじゃダメ。

毎日の、日常生活の中の所作も全てがバレエなんだ、と。



などなど、骨格標本片手に丁寧に説明して下さるのですが、

横で聞いてる私まで、
ふんふんと大きくうなずきながら
納得!納得!!
目からうろこが5・6枚ボロボロと
毎回剥がれ落ちるくらいなのです。


んもー、毎回、帰りの車ですごいなぁ、なるほどなぁと
感動?!して帰るのですが、果たして娘がどこまで
理解しているやら。


まぁ、私に出来ることは車での送迎だけなのでしょう。


あとは娘が今すぐには理解できなくても
先生の言葉が頭の中に何かの形として残って、
何年か後に、

あの時、先生が言ってたのはこういうことだったんだ?!?

と、ビビビ☆とくるならば、それもよしなのでしょうね。


かくして、私の車の運転距離はどんどん伸びております。。。
今年は高速道路、チャレンジするかも?!?


と書いた時点で、主人の「やめろ」という声が
なぜか聞こえてきました(笑)


************************************************

ランキングに参加しております♪
応援ポチッとしていただけると嬉しいです☆
  ↓↓↓



バレエ レオタード(子供用)

WEB SHOP 探検隊



この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(0) | ▲ top
病院探しの旅。その2
2009/09/15(Tue)
さてさて、前回の続きですが。

私が自分で運転していける範囲で、良い病院を探そうということになり、
お友達に聞いたり、バレエママ仲間に聞いたり、自分でネットで調べたり・・・で。

++

まずは、車で1時間ほど西へ向かったところにある、整体へ。
ここは、先生ご自身も鉄人レースに出たりされているところです。

ここで先生に言われたことは

・冷たい飲み物は飲まない、アイスクリームは食べない

要は、体を冷やさないということですね~。納得。

そして、もう捻挫しないためには、体幹を鍛えることが大事で
そのトレーニング方法を教えていただきました。

あとは、バレエがない日はジョギングすること・・・とのこと。

うーん、今足が痛いのに、ジョギングなんて出来るのかなぁというのが
小さな疑問。

++

次に行ったのは、バレエのお教室から自宅への帰り道にある整骨院。
ここはネットで探して、なんだかよさそう、ということで行ってみました。

ここでは・・

捻挫してすぐは冷やさなくてはいけないけれど
その後は温める方が良いとのこと。それは納得。

で、電気?!だかなんだか、温める機械で足を温めて
あとはテーピングの仕方を教えてもらっておしまい。

野球やサッカー少年がたくさん来ていたけれど、
なんだかうーん。。。というところでした。


++

そして、次に行ったのが車で北東へ40分ほど行ったところにある
鍼灸院。

そうです、ハリです針治療です。

ここは知り合いの人の腰痛が、劇的に良くなったと聞いて
行ってみました。
初老の先生ですが、とても丁寧でよかったのですが・・・

あまり効果なく・・・(^^;

++

そして次!

電車で1時間以上掛かるところにある整体へ。

ここは私がネットで検索していて、店長日記が決め手で
予約してみました。

お若い先生ですが、とても丁寧に診て下さり、
今まで行った上記の3つとは全然違う感じです。
骨やどこかをボキボキするわけでもなく、
ただ丁寧に体の筋肉の緊張をほぐしていく・・・という。

翌日から足の痛みがなくなり、びっくりしたのでした。

以来、こちらに時々お世話になっています。

++

ここで、捻挫の痛みは解消し、しばらくは病院探しの旅はストップしたのでした。

が!!

また1年後に、足を痛めることがありまして。。。

++

次に行ったのは、車で北東へ30分ほど行ったところにある
整骨院。

こちらは、同じくバレエを習っているお嬢さんがいらっしゃるママから
教えていただき、そのお嬢さまも捻挫が一度の治療で良くなったそう。

行ってみましたら、とてもとても丁寧な先生でした。

そこで、娘の足の重大な欠点を見つけて頂き、
その解消のためのストレッチ方法を教えてもらって
今は一生懸命、毎日欠かさずやっているところです。


それと平行して、前出の整体で、足や体の筋肉の緊張をほぐしてもらっています。
こちらに行った2日後、ふと甲を出してみると、いつも以上に甲が出て
娘がびっくりしていました。
足の甲の緊張が取れたからなのでしょうね。

こちらの整体に行くようになってから、筋肉の緊張が
どれほど動きに悪影響を及ぼすのか、よーくわかりました。
逆に言えば、緊張が取れれば、こんなにも稼動域などが
拡がるんだなぁと。

++


・・・いっぱい行ってますでしょう(^^;

でも、納得することもあれば、あれ?と思うこともありで
やはり病院(整体や整骨院も含めて)は1箇所ではいけないなぁ
というのが、今の私の結論です。また変わるかもしれませんが。。。

私が経験したり、調べたり、病院めぐりで得たことを総合して
私がなるほど~とか、大事だな~と思って気をつけていることは・・・

とにかく、足を大事にせねば、ということを痛感いたしまして。

・足を冷やさない。体を冷やすことも良くない。
・5本指ソックスがいい。
・靴はしっかりしたものを。ミュールなどは良くない。
・今は靴の中敷がとても進化しているので、人工筋肉のような素材の
 ものを、履く靴全部に入れる。(入れ替えるのはとても面倒なので)
 ※我が家は「ソルボキッズ」というものにしてます
・学校の上靴も、中敷を入れたり、先生の許可を貰って
 スニーカーに変えさせてもらう。
  ※そのために、真っ白なスニーカー買いました。マジックテープ式がベスト。

そして、整体や整骨院で教えてもらったストレッチやトレーニングを
ちゃんとやること。


それにプラスして、毎日、リンパマッサージすること。


↑ あ、今、 「 ひゃ~めんどくさそう~!!」

って思いませんでした?(笑)


リンパマッサージといっても、全然難しいものではないんですよ。
リンパの流れを良くするように、首、鎖骨、脇の下、お腹、そけい部、
そしてひざの裏、足首を優しく撫でるだけです。

今は、体のケアの方法や、ダンサーやスポーツする人のための
体の使い方の本は、たーくさんあります。
図書館で何冊か借りて、これならできそう!ってことを選んで
いくつかするだけでも、全然違うと思いますよ。

そして、足の状態をよく観察して、
土踏まずがあるか、骨がでたりしていないか、
足首はまっすぐか、小指が寝ちゃったり(倒れたり)していないか、
外反母趾気味になっていないか、O脚気味になっていないか・・・

などなど、やはり時々はしっかり見てあげることも大事だと思います。

ストレッチもトレーニングも、毎日続けるのは大変だと思いますが、
毎日寝る前にどれかひとつだけでもいいんです。
ほんの2~3分で済むのですから。。。
睡眠時間が3分長くなるより、たった3分ストレッチや体のケアを
するほうが、きっとバレエの上達にもつながると思います。

そうそう!
リンパマッサージは毎日するようになると、
しないとなんだか落ち着かないというか、
体の中がドロドロしちゃいそうな気がして
毎日するのも負担にならなくなってくるんですよ~^^


余談ですが、こどもの体って回復力も早いので、
偏平足改善のためのストレッチや、ケアをして10日ほどで
少し変化が出てきたんですよ~☆
なので、毎日のケアはとても有効だと思います。
なにより、足が太くなったりしたらイヤですものね。
足の太さって、むくみも大きな原因になるようなので
リンパの流れをよくすることで、むくみが取れると
全然違うみたいですよ。


また、足を痛めたからといって、足のケアばかりではなく
結局は、上半身の引き上げも、足と同じくらい大事なんだと思います。
なので、上半身のトレーニングも必要なんだろうなーと。

そして、これまた、めちゃ難しいことなのですが、
もしかしてバレエ上達のためには、人間の骨や骨格がどうなっているかを
頭の中でイメージできるくらいは、勉強することも大事なんだと思います。
足首とひざと骨盤の関係というか・・・きちんと体重をどう乗せていくか
体の中の骨をイメージするとしないとでは、軸の取り方が
特にトウシューズの時なんかは違うんじゃないかな~なんて。
私も娘も、それはこれからの課題なんですけどね(汗)

++

そして、これは全くの私の個人的意見ですが。

基本的に病院や整骨院、整体にしても
バレエに対しての治療経験豊富なところって
少ないと思うんです。

痛みがなくなり、日常生活が送れればOK!という
印象を受けるところが多かったので。。。

だってトウシューズで立つって、普通じゃ考えられないことですもんね。
今の痛みが消えるだけでは、根本的なところが改善しないというか、
また痛める可能性があるわけです。
なので、痛みがなくなった後も、今度は同じ痛め方をしないために
どんな体の使い方に気をつけたら良いのか、そこを指導して
もらえないと、同じことの繰り返しになってしまうと私は思います。

そんな中でも、バレエの知識はなくとも、
痛みがなくなったその後、バレエを続けていくにあたっての
足の使い方の不安などを、きっちりと相談できるところもありました。

なので、不安や疑問を、しっかりと相談できる先生であることも
とても大切だと思います。

++

そしてもうひとつ。。。

今、足になんの問題もなくても、足の怪我はある日突然起こります。

そのときになって「どこに行こう?!」ってことになるといけないので
日頃から、近所の人や友人、知人にも聞いて、良い整形外科や、整体、整骨院など
リサーチしておくことをお勧めします。


以上、長々と書きましたが、あくまでのこれは私と私の娘の経験談であり
私は足の専門家ではないので、もしかしたら間違っていることも
あるかもしれませんので、こういう考えもあるのね~と
さらっと読んで下さいね(^-^)

あと、もうひとつだけ!

お母さんに出来るのは、『 ケア 』 であって、
バレエのレッスンに関することは、先生にお任せしましょう♪
間違ってもおうちで「 1番ポジションはこうでしょ!もっと開きなさい!」
なんて、無理に180度開かせようとしたりしちゃダメですよ(^^;


++

ランキングに参加しております♪
クリックしていただけると励みになります(*^-^*)
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

  ↓↓↓



バレエ レオタード(子供用)

WEB SHOP 探検隊


人気ブログランキングへ










この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(2) | ▲ top
病院探しの旅。その1
2009/09/13(Sun)
足の話のつづきです☆
あくまでも、バレリーナを夢見る娘の母の経験談、ということで
こういうことも、あるのね~くらいに読んで下さいね。

++

皆さんは、風邪を引いたときなどお世話になる、かかりつけの病院が
あると思いますが、足を痛めた時に行く信頼できる病院・整体・整骨院はありますか?

発熱や風邪だと、ママ同士のクチコミなどで情報収集できますし
お子さまと相性の良い先生も、赤ちゃん時代からの経験で
見つけていらっしゃることが多いですよね。

でも、意外と足を捻挫した時に行く病院って・・・?!
どこがいいのかしら?!
・・・という方が多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

私の娘は、去年の春頃にトウシューズでのレッスン中に
足首を痛めまして、その際にまず「どこに行ったら?!」と迷いました。

やはり、普通のスポーツとは違うし、バレエを続けていく上で
足首ってとても大切だし、スポーツ医の看板を掲げているところが
いい!と思い、家から近い、ある整形外科をネットで探して行ったのです。

レントゲンを撮り、骨折はしてないということでホッとしたものの、
診断の結果は、3週間のギプス、3ヶ月バレエ禁止だと。


・・・ショックでしたね~(><)


まさか、3週間もギプスしなくてはいけないほどの怪我だと思っていなかったので。。。



でも、ですね。

私、その日は、ギプスをせずに娘を連れて「考えます」といって
帰ってきました。

理由は・・・


その先生を信頼できなかったから。。。(ーー)

初診でしたが、最初から最後まで、先生と1度も目が合いませんでした。
こちらは一生懸命話を聞いているのに、娘の足を診るのに必死というわけではなく
カルテに目を落としたまま、どこ見てしゃべってるの?!という感じで。

あ!御幣がありました。

1度だけ目が合ったのですが、それはギプスを迷う私に

「これでギプスしないなんて、親の怠慢ですよ!」

と仰った時だけ、です。


その整形外科のHPには、とっても良さそうなことが書いてありました。

「小さな医院で、大病院並みの治療を」

んまぁ、なんて素晴らしい!と思いましたもん。

でもですね、あれから色んなネット検索をしているうちに
これとほぼ同じ表現をしている病院って、実は何軒もあったんですよね。
恐らく、医院向けのHP製作の請負会社さんがあって、そこが担当した
HPは、大体この言葉なのね、なんて思ってしまった私です。

もちろん、この言葉が書いてあったとしても、素晴らしい信頼できる
医院はたくさんあると思いますが。

でも、大事な足をまかせるのに、1度も目が合わない先生なんて
信用できないっ!!と。(※ あくまでも私の判断基準です)


家に帰って、どうしよう・・・と、まずバレエの先生に相談しました。
すると、先生がいつも行かれている整体院を紹介して下さり、
次の日、自宅から高速を使って1時間以上掛かる場所でしたが
娘を連れて行きました。

そこは、先生も通っていらっしゃるだけあって、バレエ特有の動きのことも
よくわかっておられ、治療はもちろんですが、今後のレッスン再開のことや
今度からケガをしないための予防法など、色々と教えていただき、
やっと、ホッとすることができたのでした。。。


が、なにせ遠いのがネックで。。。
私は高速を運転出来ないので、電車で行くとすると片道2時間半はかかるんです(汗)
最初の時は、主人が会社を休んで乗せて行ってくれたのですが
そうそう毎回はそれも出来ず。


というわけで、私が送迎できる範囲で、信頼できるところを探そう!という
病院探しの旅?!が始まったのでした。。。


まだまだ、長くなるので、続きはまた後日に☆


++

ランキングに参加しております♪
クリックしていただけると励みになります(*^-^*)
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

  ↓↓↓



バレエ レオタード(子供用)

WEB SHOP 探検隊


人気ブログランキングへ




この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(0) | ▲ top
シューズのチェックと一緒に。
2009/09/09(Wed)
昨日も申し上げましたが。。。

夏の間で足が大きくなっていらっしゃるお子さまが多いので
シューズがきつくないかチェックしてあげて下さいね。

幼稚園年長さんくらいになると、もうお着替えもお子さまご自身で
できますし、意外とレオタードやシューズがきつくないか
お母さまは気付かれないこともあるんですよね。

そして、シューズのチェックの際に、もうひとつご見て頂きたい
大事なことがございます。


おうちでバレエシューズを履いてみて、

「1番のポジションをしてみて♪」

とお子さんに言ってみて下さいませ。

何も考えず、さっと1番のポジションをした時に
お子さまの足はどうなっていますでしょうか。

(1番は両足のかかとを合わせ、つま先を外側に向かって開いた形です)

もちろん理想の「1番」は、左足のつま先から、右足のつま先まで
1直線に180度近くまで開いていることですが
お子さまではまだそこまで開くのは難しいと思います。

でも、ついつい先生の「1番」を見ていると
マネをして無理してしまうお子さまも。。。

1番ポジションは、長い時間を掛けて丁寧なストレッチとレッスンで
股関節が骨盤から開くことによって、完成されるものです。
理想は、ひざがつま先と同じ方向を向いていることだそうです。

ですが、お子さまは、まっすぐにしようとするあまり、
無理やりひざから下や足首をねじることによって、
180度にしようとしてしまうことがよくあります。

そうするとどうなるか。。。

足の裏でしっかりと床を感じることができず、
小指が浮いて、親指側に重心が掛かってしまいます。

見た目は180度近くになっていたとしても、
これでは足首やひざを痛める大きな原因となってしまいますし、
なにより、この「親指側に重心がかかって、小指が浮く」というクセが
ついてしまうと、だんだんと、偏平足になってしまうのです。

偏平足とは、土踏まずがなく、べたーっと足の裏全部が
床についてしまっている状態です。

運動不足のお子さんにも多い症状だそうですが
実は、しっかりレッスンして、しかもバレエは足の裏の筋肉も
鍛えているのに・・・というお子さんでも
普段のレッスン中の重心の掛け方のクセなどで
ひどい偏平足になってしまうことがあるんですよ。

今、お母さまご自身もちょっとやってみていただくとわかりやすいのですが
小指側が浮くと、必然的に親指 → かかと のラインに体重が掛かります。
これを毎回のレッスンの際に加重がかかる事で(多分5番ポジションの時も)
足の裏の土踏まずとなるアーチ部分が、アーチを成さなくなってしまうのです。

偏平足になっていると、外反母趾にもなりやすくなりますし、
捻挫などもケガも多くなります。

それに「舟状骨」という、足首の内側の少し下の骨がポコっと
飛び出してしまうこともあります。
スポーツ選手にもよくある症状のようですが
ひどくなると手術しなくてはいけないこともあるそうです。



長くなってしまいましたが・・・


お子さまのシューズチェックの際に

まずは

① シューズの中で足の指が曲がっていないか(きつくないか)

を見ていただいて、その後、

② 1番ポジションの時に、小指側が浮いていないか

そしてシューズを脱いで

③ 普通に立った状態で土踏まずがあるか

④ 足首の内側のぐりぐりの少し下の方の骨がぽこっと出ていないか


を、ぜひチェックしてみて下さい。

①が気になった場合は、すぐにシューズの買い替えをお勧めします。

②が気になった場合は、お子さまにも小指はしっかり床につけることを
 お話になり、できればお教室の先生にも軽~く
 「1番の時、小指が浮いてるみたいで・・・重心の掛け方って難しいですよね~」とか 
 さらりとお話されても良いかもしれません。

③・④が気になられた場合は、1度、信頼できる整形外科や
 整骨院・整体など、相談にいってみられることをお勧めします。

特に④は、「ちょっと骨が出てるかも・・・」の段階でも、ぜひお早めに
相談に行かれる方が良いと思います。



といっても、病院選びもこれまた、とっても難しいのですけど。。。

また明日にでも、お話いたしますね。


++

ランキングに参加しております♪
クリックしていただけると励みになります(*^-^*)
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

  ↓↓↓



バレエ レオタード(子供用)

WEB SHOP 探検隊


人気ブログランキングへ







この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。