Frorina店長日記(現・おやゆび姫) 病院探しの旅。その1
2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
病院探しの旅。その1
2009/09/13(Sun)
足の話のつづきです☆
あくまでも、バレリーナを夢見る娘の母の経験談、ということで
こういうことも、あるのね~くらいに読んで下さいね。

++

皆さんは、風邪を引いたときなどお世話になる、かかりつけの病院が
あると思いますが、足を痛めた時に行く信頼できる病院・整体・整骨院はありますか?

発熱や風邪だと、ママ同士のクチコミなどで情報収集できますし
お子さまと相性の良い先生も、赤ちゃん時代からの経験で
見つけていらっしゃることが多いですよね。

でも、意外と足を捻挫した時に行く病院って・・・?!
どこがいいのかしら?!
・・・という方が多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

私の娘は、去年の春頃にトウシューズでのレッスン中に
足首を痛めまして、その際にまず「どこに行ったら?!」と迷いました。

やはり、普通のスポーツとは違うし、バレエを続けていく上で
足首ってとても大切だし、スポーツ医の看板を掲げているところが
いい!と思い、家から近い、ある整形外科をネットで探して行ったのです。

レントゲンを撮り、骨折はしてないということでホッとしたものの、
診断の結果は、3週間のギプス、3ヶ月バレエ禁止だと。


・・・ショックでしたね~(><)


まさか、3週間もギプスしなくてはいけないほどの怪我だと思っていなかったので。。。



でも、ですね。

私、その日は、ギプスをせずに娘を連れて「考えます」といって
帰ってきました。

理由は・・・


その先生を信頼できなかったから。。。(ーー)

初診でしたが、最初から最後まで、先生と1度も目が合いませんでした。
こちらは一生懸命話を聞いているのに、娘の足を診るのに必死というわけではなく
カルテに目を落としたまま、どこ見てしゃべってるの?!という感じで。

あ!御幣がありました。

1度だけ目が合ったのですが、それはギプスを迷う私に

「これでギプスしないなんて、親の怠慢ですよ!」

と仰った時だけ、です。


その整形外科のHPには、とっても良さそうなことが書いてありました。

「小さな医院で、大病院並みの治療を」

んまぁ、なんて素晴らしい!と思いましたもん。

でもですね、あれから色んなネット検索をしているうちに
これとほぼ同じ表現をしている病院って、実は何軒もあったんですよね。
恐らく、医院向けのHP製作の請負会社さんがあって、そこが担当した
HPは、大体この言葉なのね、なんて思ってしまった私です。

もちろん、この言葉が書いてあったとしても、素晴らしい信頼できる
医院はたくさんあると思いますが。

でも、大事な足をまかせるのに、1度も目が合わない先生なんて
信用できないっ!!と。(※ あくまでも私の判断基準です)


家に帰って、どうしよう・・・と、まずバレエの先生に相談しました。
すると、先生がいつも行かれている整体院を紹介して下さり、
次の日、自宅から高速を使って1時間以上掛かる場所でしたが
娘を連れて行きました。

そこは、先生も通っていらっしゃるだけあって、バレエ特有の動きのことも
よくわかっておられ、治療はもちろんですが、今後のレッスン再開のことや
今度からケガをしないための予防法など、色々と教えていただき、
やっと、ホッとすることができたのでした。。。


が、なにせ遠いのがネックで。。。
私は高速を運転出来ないので、電車で行くとすると片道2時間半はかかるんです(汗)
最初の時は、主人が会社を休んで乗せて行ってくれたのですが
そうそう毎回はそれも出来ず。


というわけで、私が送迎できる範囲で、信頼できるところを探そう!という
病院探しの旅?!が始まったのでした。。。


まだまだ、長くなるので、続きはまた後日に☆


++

ランキングに参加しております♪
クリックしていただけると励みになります(*^-^*)
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

  ↓↓↓



バレエ レオタード(子供用)

WEB SHOP 探検隊


人気ブログランキングへ




この記事のURL | 足のこと、カラダのこと | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。