Frorina店長日記(現・おやゆび姫) 百万遍さん 初出店ご報告☆
2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
百万遍さん 初出店ご報告☆
2012/11/18(Sun)
ご報告が遅くなり、ご心配をお掛けいたしました~(><)

遅ればせながら、百万遍さん初出店のご報告です♪




先に結果を言います!!





すーーっごく緊張して、
ものすーーーっごくオソレオノノキながらの参加でしたが・・・





親切な人にしか出会わなかった!!




というほど、色んな人に親切にしていただき、
助けて頂き、イベント帰ってきてから数日間も



あぁ、嬉しかったな~(*^-^*)




と余韻に浸るほどでした。



++


で、レポですが。


当日は緊張で朝4時前にしゃきっと目を覚まし、
京都へ向けて出発。
高速は途中までは通いなれた道ですからね~平気です(^-^v
京都南インターまでは1時間ほどで着き、そこから一般道も
スムーズに到着。5時半でした。

下調べをしていたコインパーキングは満車。
どうしよう・・・と少しウロウロすると
空いているコインパーキング発見。
どうやらお隣に停めてる方も出展者さんの様子。
6時まで車で待っていたらいいのかな、と
車中で化粧などをしていると、
私の後に来た人が、私の隣の出展者さんに

「ここは安い駐車場ですか?」と聞いていらして。

すると、

「ここは毎月15日だけは1日最大料金800円が
 除外になるから、1日停めたら高いよ!
 朝8時までは安いから、ここに停めて搬入したら
 少し遠くの安い駐車場に停めに行った方がいいよ」

とのこと。(どうりで空いてたわけだ)


えー!!そうなんだ?
あわてて車を降りて、私も便乗してお話を聞きまして・・・


で、今日、初めて出店するんです。6時まではココで
待ってたらよいんですかね~と聞くと


初出店なら、いますぐ行って場所取りしておいで!!


とのこと。


場所取りもういいんですか?と聞くと
何か小さい荷物だけ持って場所取ってから
ゆっくり荷物運んだら良いのよ、と教えていただき、
あわててロールテーブルを持って走りました!



で、知恩寺の中の配置図?を印刷して行っていたので
それを見ながら、事前にあんこさんに
「この辺りに行ってみて」と
教えていただいていた場所に。


・・・でも。


なんせ、5時半。



本堂の近く以外は真っ暗!!

なんとなくコワイ~(><)




どうしよう・・・と不安になりつつ、
よくよく地図を見ると、その近くが教えていただいた場所だったので
荷物を置いて座っていらしたマダムに

「 今日、初めて来たのですが、この辺りなら
  場所が空いてるかもと教えていただいて来たのですけど・・
  この地図の辺りはここですか? 」


と聞いてみると、ちょっと待ってね、と周りの出展者さんに
色々聞いてくださっているようで・・・

ここおいで~!と手招きをして下さり、
いつもここで出してる人、今日は落選したみたいだから
ここなら大丈夫よ♪と、教えてくださいました(感涙)

なので、不安だった場所取りは行ってすぐに解決(感謝×100)

そこから、車に戻り荷物を搬入し、
両隣の出展者さんにも
初出店なのでよろしくお願いします、
何かあったらなんでも遠慮なくご指摘ください、とご挨拶^^

落ち着いたところで、今度は遠くの駐車場を探しに。

でも、これは結構苦労しました。
だって同じことしてらっしゃる出展者さんがたくさんいらっしゃるので
どこも満車だったりして・・・結構ウロウロ(><)
でもなんとか見つけ、一安心。(1日最大1400円のとこ)

で、歩いて知恩寺に戻りまして、ゆっくり出店の準備をし、
準備が整ったら、他の出展者さんのブースを見にうろうろ♪
美味しそうな食べ物もたっくさん、楽しかった!
おたふく珈琲さんで、ホットコーヒーを頂きました。
もみあげの長い気さくな店主さん・・・ってどこかのブログで拝見していたので
どんな方かな?と楽しみだったのですが、
思っていたよりお若い方で、とても優しく、
『今日は出店ですか?』と聞いてくださり。
ハイ!初めて来たんです!と言うと、がんばりましょう(^-^)と☆


初出店のときの心配事って、ここまでですよね。
こんな感じでクリアいたしましたよ^^


途中何度も雨が降ってきて、その点はちょっと大変でしたけど。。。



で、ココからは親切にしていただいて嬉しかったこと。



・なんせ初出店なのでどこまで前に出してよいか分からず
 ものすごーく遠慮がちにひっこんでおりましたら、
 目の前のブースのおじさんが、

 「もっと前に出したらいいねんで~!ここ、ここ!
  ここまで出し~^^」

 とアドバイスして下さいまして・・・おじさんありがとう!



・お隣の方が、おいしいパウンドケーキを試食どうぞ、と
 試食とは思えない大きさで下さる♪めちゃ美味しい♪


・帰り支度をしていたら、なんと、パラソルが閉じないという
 トラブルに!!
 どうやら閉じるための部分の金具がゆがんでしまっていて。
 ペンチも持っていないし、どうしよう・・と途方にくれている私に
 お野菜を売っていた奥様がどうしたの、と声を掛けて下さる。

 事情を言うと、ペンチを貸してくださり、でも私の力では
 どうにもならず、四苦八苦していると、今度はご主人も
 来て下さり、一生懸命直して下さって・・・無事パラソルは 
 閉じることが出来たのでした(><)
 いや、ほんとうに、マジでパラソル閉じなかったら
 壊すしかないか、というほど困っていたので
 どれだけありがたかったでしょう。。。


・台車も押せないほど混む、と聞いていたので今回は
 カートを用意。
 でも、荷物を縛る紐を持って行くのを忘れて、
 カートに最初についている紐のみで荷造りしたら
 案の定、搬出の際、カーブになっている下り坂を
 曲がったら、荷物全部ぶちまける(><) 
 するとすぐさま、外国人の方(多分出展者さん)が
 助けてくださり、あっという間に復活。



いや~いつもは起きないようなことまで起こり
さらに助けていただくことが多かったのでした。
皆様、本当にお世話になりました!
ありがとうございましたm(__)m



++


帰りは一般道はやはり混みまして、
京都南インターまで1時間ほどかかったでしょうか。

そこから高速にのり(高速は渋滞なし)
帰ってきたのですが・・・

4時起きのせいか、これが眠くて眠くて辛かったーー!!
ガムをいくつもかみつつ、自分でビンタしつつ
なんとか無事に帰ってまいりました。


++


というわけで、百万遍さんの初出店は無事終りました。

次回もエントリーするかどうかは考え中ですが・・・

次回もスムーズに場所取りできるかと言うと
それはわかりません。
今回お世話になった方に、また甘えることだけは
絶対にしたくない、と思いますし。
だって初めてでわけが分からない中、
ご厚意で親切にして下さったおかげで
ゆっくり手づくり市の雰囲気を勉強することが出来たのだから
次は、ちゃんと自力でがんばらなければ、と思いますもの。

なので、場所取りに関しては、
ほんと皆さんが色々聞いてらっしゃるとおり
朝6時に笛の合図とともに、ほんの1瞬、5秒もすれば
結果が出ています。

初出店の人は、それには参加せず、ダッシュ大会?(笑)が
落ち着いてから、空いてる場所に、ここ空いてますか?と
聞いて歩くのがよいような。。。

でもその場合、漠然と周りの出展者さんに

「ここ空いてますかー?」

と聞くと、誰に聞いてはるのかな?とか
答えようにも私も初心者で、よく分からない・・と
いう場合もあって、その質問が宙に浮いてしまうことが
あるんですよね。
なので、まず場所を見つけたら、隣の人なら隣の人に
ちゃんとターゲットを決めて聞いてみたほうが
良いと思いました。


ちなみに場所取りできたとしても、
6時までは絶対にテントを立てたりテーブルを組み立てたりしては
いけない決まりだそうですのでご注意を☆



いや~私もたった1回参加しただけだし、
最初にものすごく親切な人に出会ったので
ありがたいことに今回はスムーズに行きましたが、
次からどうなるかは本当にわからないし
漠然としかわかっていません。。。


ただ、出店を考えてらっしゃる方に
絶対出てみるべき!とオススメしようとは思わないような。。。


「 一度チャレンジしてみてもいいかも 」と

いう感じですかねぇ。。。


だって、自分の目で見て、体験してみないと
こればっかりはわからないと、
どのイベントよりもそう思います。


最初からがっつりテント出店しようと思わない!
まずは初出店は自分も来場者気分で
てづくり市を楽しめたらいいや、くらいの気持ちで。


とにかく6時までに知恩寺に着くように
行ってみる!


これに限る気がいたします。。。



以上、初・百万遍さんレポートでした~(^-^)



Frorina




この記事のURL | 手づくりイベント参加日記 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。